酵素は栄養素がもつ本来の働きをサポートします

酵素は主にタンパク質で構成されます。タンパク質は熱を加えると固まる性質を持っていおり、酵素も同様に熱によって変性してしまう特徴があるといえます。

 

加熱されることから酵素は失活してしまうと言ったことを耳にした方もいると思いますが、酵素は熱に弱い性質があるのです。体に見られる酵素の種類は約3,000あるといわれており、自然界では約数万種類もあるそうです。この先も新たに発見されていくと思われますが、今のところ見つかっている中でも50℃~70℃くらいの熱で多くの酵素が失活してしまいます。

 

酵素の失活について

 

本来、酵素が失活した例をあげれば、生卵の白味というものは、透明で液体と同じ様になっていますが、加熱することから固まる性質が見受けられます。それと同様に酵素も、加熱されることから、タンパク質が熱変性することにより、酵素が失活します。つまり、タンパク質が固まる温度については、酵素が失活する温度とほぼ同じと考えられます。

 

つまり、熱処理された食材や飲料には、活性化酵素が存在していないと思われます。清涼飲料水として販売されている酵素ドリンクには活性化酵素は含んでいない可能性が大であるといえます。「清涼飲料水は加熱殺菌するというのが法律により定められているからなのです

 

例えば、片栗粉を水で溶かし溶液を作ります。次に酵素飲料や酵素粉末を入れて混ぜ合わせてみると、トロッとした溶液が酵素の働きによってサラサラの状態に変わるのです。

 

これは、片栗粉はでんぷんの性質上、活性化酵素の中にアミラーゼが含有されることから、状態変化をする事が原因になります。しかし、それは酵素飲料や粉末の中にアミラーゼが入っていた場合であって、あくまで一つの例としてお考えください。本来は酵素の活性を確認する方法としては、加熱しているかしていないかで判断することが一番良い方法ではないかと考えます。

 

最近、酵素ダイエットという言葉をよく耳にするようになったと思いますが、これは食事の代わりを酵素ドリンクや健康食品に置き換えて飲食するといった方法になります。なので、実際の食事量が減ることによって、減量できるという方法というわけです。

 

しかし、無理な食事制限をかけてしまうと、体に必要な栄養素が不足すれば、脂肪以外に筋肉量も落ちてしまうことで代謝も落ちてしまい、リバウンドするばかりか、以前とは違い太りやすく痩せにくい体質となってしまう可能性があります。

 

酵素の働きについて

 

そうならないように、太りにくい体質を目指してリバウンドもしないでやせることを考えて、食事制限をしてカロリー摂取量は減らしていても必要な栄養素はしっかり摂り入れることがとても重要になります。そして、その栄養素が本来持つ働きをサポートするために生きた酵素をしっかり摂り入れることが大切といえます。

 

それほど重要な役割を担う酵素ですから、加熱されて失活した酵素をどれだけ努めて摂り込んでも、ダイエット中に摂り入れる必要な栄養素のサポートに期待はできないのです。必ず生きた酵素を体内に届けることが出来るものを選んで導入することが必要となります。

 

どちらかというと置き換えダイエットでよく扱われているスムージーやドリンクは少ないカロリーでも必要な栄養を摂り入れるための目的としてはとても便利なものになります。置き換え用の食事として利用することを主体としますが、生きた酵素はサプリメントなどで補給することがおすすめです。

 

確かにダイエットだけではなく、酵素は目的に応じて上手に利用出来れば良いのですが、どういった方法で酵素を利用するにしても、酵素は本来栄養素が持つ働きをサポートする役割があるといった認識をもっていただいた上で利用してみてください。

 

222種の生酵素×ヒアルロン酸【 大人の生酵素 】←生きた酵素をお試しください!

おすすめ